toggle
2020-09-16

ダメなのオッケーが最強なんじゃないか、説

ここ数ヶ月、変化が多い日を送ってます。
新たな挑戦はワクワクします。
でも分からないこともたくさんあり、なんの準備がいるかも走り出してからしか分からないので

走っても走っても、
何かが足りなかったり
調べてみたり

喜びと混乱

の中にいます。

世の中、みんなこんな風にがんばってるんだろうなー、なんて思いを馳せたり。
いや、動けよ。笑

忙しさと、分からなさ、と疲れなどが重なると、混乱してしまってまるで何も上手くいってない気がしたりしますよね。

でも、そんなときだからこそ自分の根底にある価値観を発見するチャンス。
わたしは混乱すると、いっぱいいっぱいになると、取り止めもなく書くか、誰かを捕まえて話します。

とりあえず出し切ったらヨガや瞑想をします。

何も解決してないけど、
現状何の変化もないけれど、

そういう時のヨガはわたしを助けて受け止めてくれます。

いつもよりちょっと丁寧にヨガするだけ。

混乱と一緒に出てくる不安や悲しみや怒りや失望の根っこは自分が握ってる価値観からきてたりします。しかもそれを普段自分で認識できてないことが多々。

例えば、
完璧にやりたい自分がいてそのギャップを見たくなくて自己否定してみたり、上手く行くって思えてない自分の本音が不安となり、その不安が目の前の現状をありのままに見せてくれてないことも。


整理するのに、見つめ直すのに、やっぱり壁にぶつかるの一番ですね!
吉本新喜劇のたまおちゃん?みたいに、壁に向かって思い切り押され、壁バーン、コケてどーん、ガハハと笑っていたいわたしです。

怖がらずに!ドーンと♡

その感情を包み隠さず出してみる。出すってことは一旦認めることになります。

それから身体に丁寧に向き合います。大切なもののように扱う。
それだけで穏やかな気持ちになります。

身体を通して、自分に優しさを伝えると安心して自分の身を預けていいような。愛に包まれてくるような、そんな感じ。自己愛とはまた違う、慈愛の方に近い愛。

ダメでもいい、
そう思えると最強ですね!

成果が出てるから、とかこんな評価してもらってるから、とか、上手くいってる実感があるから肯定できるのではなくて、

ダメでもいい。
そうやって受け止められることが本当の強さなような気がします。

みんなにその力があって、
あとは自分に対しての許可を待ってるのみ。

ダメな自分でさえ許しちゃうって許可。

がははと笑えたら、サイコーです。
最後は全部ネタになります!
悲惨な方が面白くなります。ニヤリ

失敗の数だけ笑い話は増えますな♡

みなさんにはなんのこっちゃ、という話ですが、旧姓がサイトウのわたしは昔、テンションが上がると「サイトー、サイコー」と連呼することありました。

今こそ!その連呼が私に必要な気がします!

みなさんもよかったら元気一発出したい時、名前を叫んでサイコーとつけてみて下さい。明るい怪しい人になれますよ!笑

季節が変わりつつあるのを感じますね。
涼しさが気持ちよさを運んでくれる時、自然からギフトをもらってる気になります。

今日も読んでくださって(本当に、笑)ありがとうございました。

関連記事