toggle
2020-06-17

たたかわない、のススメ

勝手にシリーズ物を書いていましたが、笑
今日はテーマを変えて書きます。

たたかわないのに変身ポーズをする話。

日常を生きていると、トラブルとか困ったこと。
思い通りにいかないこと、たくさん起こります。
何にもないけど、何か満たされない気持ちになったり。
もっとこうしなければ、と駆り立てられたり。

現代人は江戸時代の人が1年で受け取っていた情報量に1日で接してるそう。
手元にあるスマートフォンを見れば、世界中のニュース、SNSに溢れるみんなの生活情報。自分の生活を他人と比較して不安になったり、焦ったり。
便利になったのか、悩みの種が増えているのかわかりません。笑

例えば、不安になった時。
向き合うことってとても大事です。
私は時間があったら書き出したりします。
もやもやするのだったら、立ち止まってとことん気持ちを出してみる。

ただ、不安をどうにかしよう、しよう、で動き過ぎると逆にそこに対しての執着を生みます。そして考えれば考えるほど、その不安なこと自体がパワーアップ(したかのように見えて)とんでもない壁だと、思えていくこともあります。どんなアプローチをするか、の前に、不安を「受け止める」という隙間や余裕が大切な気がします。

向き合うことは、否定をしないことでもあります。
消そう、無くそうと強く願ったりすると、自分の中にあるものを否定する力が働きます。

ここから瞑想へ話をつなげていきたい、、笑、のですが、今日は違う提案をします。

視点を変える。

とてもシンプルですが、パワフルです。

紙に書いたり、人に話したり、でもなかなか手放せないネガティブな感情があった時。またふっと浮かんできた時。そのままその気持ちに同一化していくのではなく、はたまたポジティブで強引に押し切ろうとするのでもなく

「そっとしておく」のです。そして視点を変える。

解決しなくて良いんです。笑

ネガティブな思考にどんどん広がりを持たせていくのを一旦やめて、今ある生活の中で感謝できること、ありがたいことを探します。

絶対にありますよね。

これが読めているなら、読む媒体(パソコンやスマホ)があり、ネット環境もある。今日はきっと起きれたんだろうし、目が見えている。ご飯も毎日食べれているかもしれない。今日眠る場所もあって、そこでは安心して寝れている。とか。なんでも良いです。

人間の脳は防衛本能のために、一日に6万回とも言える思考の約9割以上は反芻思考、つまり同じとこを考えていて、そのうちの8割がネガティブなことだといわれています。

ほっといたらいつまでも同じことを、そしてネガティブなことを考える仕組みなんです。みんな一緒。そういう、足りないものに目がいくようになってる。

だからこそ、対処の仕方が大切。

毎日、感謝できることを探し隊に入隊しましょう。笑

一瞬で簡単に気持ちを変えることができます!

効果音とかポーズとか、音楽を決めておいて切り替えスイッチに使います。例えば、落ち込んだり、ネガティブな思考がグルグルする時、「へーんしん!」と叫んだらそこから、切替です。できれば、腕をぐるっと回して実際に変身ポーズとるとさらに良い!私、本気です!笑 一瞬で感謝できること探すモードに入れる。落ち込み出したら、大好きな音楽をかけるって決めておくだけでも良い。
そう、音楽流れ出したら、感謝モードに突入です。すごく簡単。

決めて、やるだけ。シンプルなんです。

どんな時も、何が起こっても、どんな思考や反応が自分に起ころうとそこから先を選んでいくのは自分自身です。

幸せは視点を変えるだけで毎日ちゃんと目の前にあります。
それをじんわり味わう。

たたかわない。

そして「当たり前なこと」として生活に埋もれているたくさんのシアワセ探しましょう。

ちなみに私のスイッチは、大好きな「アベンジャーズ」のテーマ曲です。
誰もいなければ、強そうに見える仁王立ちポーズとか、時にはセクシー担当のようなお色気ポーズまでジャジャーンとやってしまう。笑
もう完全に切り替えられます。

たたかわないのに、ポーズだけキメキメ!
むちゃくちゃです。

ユーモア、大事。
げんきになる。

今日も読んでくださってありがとうございました。

関連記事